日本・コロンビアに2-1で快勝!ワールドカップは番狂わせ続き!

 

ロシアワールドカップ2018のグループリーグHの日本の初戦が6月19日午後9時(現地時間3時)よりスタートした。

日本の初戦は、FIFAランク16位。前回大会でベスト8まで進んだ強敵・コロンビア。

日本よりも格上相手、さらに監督交代劇が注目された西野監督がどういった采配をするのか、注目が集まっていた。

 

 

 

 

 

前半6分で香川の先制!

 

前半3分。MF香川真司ドルトムント)の左足で放ったシュートが、C・サンチェスの右腕に当たり、レッドカードで1発退場。これによって香川はPKを献上して同6分に先制点を挙げた。

 

しかし前半39分。同点に追いつくFKを直接ゴールに入れたのはMFフアン・キンテロリーベルプレート)。これで試合を振り出しに戻した。

 

後半・大迫のシュートで勝ち越し!

後半23分。本田のFKから、大迫がヘッドでシュートし勝ち越しの追加点を挙げる。

 

コロンビアも追加点を上げようとあがくも、ハメス・ロドリゲスイエローカードをくらい、試合は終了!西野JAPANは格上コロンビア相手に、快勝した。

 

 

 

コロンビアは始まってそうそうレッドカード&PKを許したことが、大きな敗因だと思われる。頼みのハメスも全く機能しておらず、日本にとっては優位に動いた。

 

さらに、同じグループHでは、FIFAランク8位のポーランドが28位のセネガルに負けるという波乱も迎えている。

グループHはどうなるのか?日本の次の試合は、セネガルと6月24日24時よりスタートする。